東急田園都市線高津駅前のクラシック喫茶「珈琲の詩」でホッと一息

カフェ

駅前でちょっと一息つきたい時に訪れるのは、音楽喫茶の「珈琲の詩」。

東急田園都市線の高津駅から徒歩1分の好立地なのに意外と知られていない、隠れ家的な喫茶店です。

帝京病院に併設していて少し入りにくいかもしれませんが、一歩中に入ると素敵な空間が待っています。

 

高津駅前の喫茶店「珈琲の詩」

高津駅前の喫茶店「珈琲の詩」

東急田園都市線の高津駅西口改札を出て信号を渡り、東急ストアを左に進むとすぐに円柱の建物「珈琲の詩」が見えてきます。

円柱の先は帝京大学溝口病院の入り口へと繋がっています。カーブを効かせたなかなか洒落た構造です。

クラシックが流れる店内中央にはグランドピアノ

クラシックが流れる店内中央にはグランドピアノ

お店に一歩入ると円柱部分にはグランドピアノが鎮座しており、それを囲むように4人掛けテーブルが並んでいます。

壁にはバッハの自画像とクラシック好きのマスターが集めたレコードがずらり。BGMはもちろんクラシックです。

高い天井から吊るされたワインレッドのベロアカーテンに赤いチェアがクラシックな気分を高めてくれます。

「珈琲の詩」の特製カレーライスは学校で出てくるような懐かしの味。今となるとこういう普通のカレーが食べたかったりします。カレー単品で550円。ドリンクセットだと900円。プラス100円で野菜サラダを付けられます。

9:00〜11:30はモーニングメニューがあり、それ以降は閉店時間までいつでもセットメニューを頼むことができます。
遅めのランチや夕飯にも利用できるとても嬉しいサービスです。

こちらはミックスサンドセット850円。
ふわふわの食パンに卵やハムや野菜がとてもマッチしていて、程よく小腹が満たされるお気に入りのメニューです。

二層になったアイスカフェオレ。クラシック音楽をBGMにサイフォンで丁寧に淹れられた珈琲は格別な味わいです。
カフェオレはセットメニューにもなっているオススメの一品です。

お店の雰囲気に合わせて楽譜を読み込んでみた日。

お店の明るいママさんは付かず離れずの接客で、本を読んだりぼーっとしたり自由気ままに過ごすことができます。

いつまでも続いて欲しいなあと願う素敵な喫茶店「珈琲の詩」なのでした。

 

 

 

 

【珈琲の詩】
住所:神奈川県川崎市高津区二子5丁目1-1 帝京病院1階
アクセス:東急田園都市線 高津駅徒歩1分
定休日:日曜日、祝祭日
営業時間:9:00〜20:00
お店URL:珈琲の詩HP

コメント