浅草橋の純喫茶「ゆうらく」で至福のオムライスランチ

浅草橋の純喫茶「ゆうらく」 カフェ
浅草橋の純喫茶「ゆうらく」

ハンドメイドの材料を調達しに浅草橋まで。
下町を訪れるのは久しぶりです。

買い物をする前に、以前から気になっていた純喫茶「ゆうらく」さんに立ち寄りました。

浅草橋駅から徒歩5分ほど、大通りから一本入ったところにありました。

浅草橋の純喫茶「ゆうらく」の外観

浅草橋の純喫茶「ゆうらく」の外観

カーテンが閉まっていて外からは中の様子がほとんど伺えません。

意を決して扉を開けると、中から「いらっしゃいませどうぞ」と優しいママの声が聞こえてきて緊張が和らぎます。

浅草橋の純喫茶「ゆうらく」

浅草橋の純喫茶「ゆうらく」

入って正面には赤いソファーの4人がけテーブル席がいくつかあり、サラリーマンが一服していたり、常連さんと思しき方々が打ち合わせをしている様子です。

お洒落な天井のデザインや丸みのある仕切りなどクラシカルな空間にどこか懐かしい雰囲気を感じます。

お店の右側のエリアは、絨毯の色やソファーの色が異なっていて、また違った雰囲気を味わえます。

全部で60席ほどあり広さも十分に感じられます。

お客さんは常連客も多そう。皆さん思い思いに過ごしている印象です。

純喫茶「ゆうらく」のとろーりオムライス

純喫茶「ゆうらく」のとろ〜り卵のオムライス

喫茶店でフードメニューを頂くのが好きな私は、大好物のオムライスを注文。

「とろ〜り卵のオムライス」の名の通り、トロットロのケチャップオムライスが運ばれてきました。

ホテルで出てきそうな高級感さえ感じられる美しいオムライス。一口一口噛みしめながらいただきました。

このクオリティで630円とはありがたい限りです。

ランチタイムを過ぎていたので、ドリンクは別料金になると思いセットメニューではないカフェオレを頼んだのですが、ママが「セットにしておきますね」と言ってくださりセットのお値段に。喫茶店のありがたみをしみじみ感じました。

高揚した気分でお店を出て、このあとも浅草橋の街並みと買い物を楽しみました。

 

コメント