自由が丘の老舗喫茶「モンブラン」でティータイム♪

自由が丘モンブラン カフェ
自由が丘モンブラン

先日、自由が丘駅前にある喫茶室「モンブラン」を初めて訪れました♪

モンブラン発祥の洋菓子店として長年営業し続けてきた老舗「モンブラン」さん。

しかし、自由が丘「モンブラン」を含めた区画一帯の店舗が、来年から始まる再開発工事のため一旦閉店しまうとのことです。
なにやら巨大な複合ビルが建設されるとのことで、「モンブラン」は2022年12月31日を持って今の場所での営業を一旦閉店。

再開発工事が完了するまでの約4年間は同じ自由が丘の仮店舗でケーキや洋菓子の販売を継続されるようなのですが、ティールームの営業は面積の関係などでできないようです。

喫茶を利用するなら今のうちです!

そして4年後、どんなティールームとなって復活するのか・・待ちどおしいです♪

そんなわけで、現在のモンブランさんの店内の様子を目に焼き付けておこうと思います。

現在のモンブランさんは、お店の手前が持ち帰り用のケーキや焼き菓子を販売するエリア、奥がティールーム&ケーキなどを作るキッチンエリアに分かれています。

喫茶エリアは半地下のようなスペースになっていて席数も多く、広々としています。

ティールームエリアの壁には日本洋画家の東郷青児さんの絵が沢山飾られていました。
結構大きなサイズだなぁと思って調べたら、なんと原画だそうです。
東郷さんの女性画は、ギフト用焼き菓子の包装紙のデザインにもなっていて、東郷さんの包装紙目当てで焼き菓子を購入する人がいるほど人気なのです♪

さて、本日のお目当て「モンブラン」のモンブランと初対面です♪
原材料の高騰などで2022年現在のお値段、なんと税込867円!
自由が丘のティールームですからね〜と言い聞かせます。

クラシカルなモンブランの佇まいにうっとりです。

和栗を使用した正統派モンブランは、見た目の通りにやさしい味わい。土台のスポンジケーキの中にも栗が入っていて最後まで楽しめるバランスの良いモンブランでした♪

1933年の創業当時からほとんど変わらないモンブランのモンブラン。令和時代の今も同じように頂けるなんて貴重だな〜。

2025年の新「モンブラン」オープンまでの間は、テイクアウトでモンブランさんの焼き菓子などを楽しみたいと思います♪

【東京自由が丘モンブラン】 
住所:東京都目黒区自由が丘1-29-3
アクセス: 東急東横線・大井町線 自由が丘駅 北口 徒歩2分
定休日: 不定休
TEL:03-3723-1181
営業時間:11:00〜19:00
支払い:カード可
席数:約50席、禁煙
最新情報:自由が丘モンブランHP

【仮店舗情報】
仮店舗:2023年2月10日オープン予定
住所 :目黒区自由が丘1-25-13 岩立ビル1階

コメント